ちょっとだけ贅沢な旅

格安旅行よりも少しだけ贅沢をする旅サイトです。ラスベガスが大好きです。

choyobi

id:chiyobi
格安旅行よりも少しだけ贅沢をする旅サイトです。ラスベガスが大好きです。

鼎泰豊(ディンタイフォン)本店の小籠包・メニュー紹介 お会計も公開中 2019.3台北4日間の旅⑥【旅行記】

前回の記事はこちら↓

www.love-vegas.net

 

永康街で癒しを満喫していたら、

とっくのとうに鼎泰豊の予約時間になっていました

予約システムを知りたい方は

是非前回の記事からご覧くださいね^^

 

 

 

2時間待ち→30分遅れで鼎泰豊本店へ

癒しの台湾シャンプーでのんびりしていたら、

2時間なんてあっという間でした

 

再びお店の前の予約番号を見てみると、20組前に呼ばれていました

f:id:chiyobi:20190407201351j:plain

鼎泰豊 店の前

でも、説明を受けていた通り予約番号が書かれた紙を店員さんに出すと、

「相席OK?」と聞かれ、答えを待たずに店の中に促されました

結局ここでの待ち時間は2秒くらいです

 

1フロアは狭いですが、2階3階とフロアがあるので

たくさんのお客さんが入ります

 

 

そして相席も円卓での相席でしたので、

ぎゅうぎゅうしていなく、快適でした

 

 

いよいよ食事スタート!

台湾ビール

まずは賞味期限が18日しかないという「台湾ビール」(170元)で乾杯!

f:id:chiyobi:20190415202325j:plain
f:id:chiyobi:20190415202336j:plain

結構大きなボトルでしたので、2人で1本で十分です

 

普段私は日本のビールは苦くて好きではないのですが、

台湾ビールは良くも悪くも味が薄めです

だから私もゴクゴク飲むことができました!

 

前菜-麻婆茄子-

 

f:id:chiyobi:20190415202621j:plain

前菜は茄子の麻婆和えのようなもの

まぁ、麻婆茄子ですね、味が染みてて日本人も好きな味だと思います

上に乗ってるお肉もおいしい^^

 

小籠包

 

f:id:chiyobi:20190415202744j:plain

そして待ちに待った小籠包です!!

この細かく均一なヒダや透き通るスープが最高です!

 

初鼎泰豊でいろいろなものを食べたいと思って、5個入にしましたが、

10個でも余裕だったと思います

 

そして、ここのお店は料理が出てくるのがとっても早いです!

改めて回転数・席数をもってしても、2時間待ちになるのは

正真正銘の人気店だと言えますね

 

日本語を話せる店員さんも沢山いるので

言語に関しては全く心配いりませんでした!

 

 

エビシューマイ

f:id:chiyobi:20190415203054j:plain

写真で気になっていたエビシューマイ

エビがぷりぷりで最高です!

小籠包をつける酢醬油につけて食べました

 

このシューマイを見た向かいの相席のカップルが

追加で頼んでいました

 

羽根つき餃子

 

f:id:chiyobi:20190415203226j:plain

羽根つき餃子も欠かせませんね!

見た通りパリパリで餃子・シュウマイ系が好きな私たちは

鼎泰豊が大好きになりました!!

ビールも進みますし、少しずつ色々なものが食べることができて

1日目から台湾旅行を満喫しています

 

野菜まんじゅう

 

f:id:chiyobi:20190415203410j:plain

中にお野菜が入ったお饅頭も食べました

肉まんの皮のようなものに、細かく刻まれた青菜?が入っています

これもまた美味しいのですが、皮が意外とズッシリ来ます…!

 

この時点でそろそろ満腹かなぁといったところでした

 

エビチャーハン

 

f:id:chiyobi:20190415203544j:plain

でも最後にチャーハンは食べたい!

と、2人で1つエビチャーハンを食べました

 

エビがゴロゴロ入っていて、味付けも本当においしかったです

サービスのお茶は少なくなるとすぐに注ぎに来てくれます

 

お茶をガブガブ飲みながら、何とか完食です

 

チョコレート小籠包

 

f:id:chiyobi:20190415203725j:plain

とか言ってまた小籠包頼んでる!

と思われるかもしれませんが、こちらはチョコレート小籠包です

 

小籠包よりももっと薄い皮にトロトロのチョコレートが包まれています

温かいし、皮もモチモチで食後のデザートにぴったりです

 

もうお腹ははち切れそうですが、

「台湾最高だわー!」という気持ちでいっぱいになりました

 

 

お会計と驚きのサービス

そしてお会計は

f:id:chiyobi:20190415204100j:plain

1,468元(5,431円くらい)でした

ランチにしては高いですが、大満足です!

 

上の画像のように、

日本語のメニューに数字を書いて注文するスタイルです

料理が出されると、印をつけていました

 

帰り際にお手洗いに寄ると、

お手洗いの前に常に店員さんがいらっしゃいました

そして、一人個室から出るたびに掃除をして

「ここどうぞ」と声をかけてくれます

 

そんなに毎回掃除しなくても、と思いますが、

気持ちがいいものでした

 

そんなこんなで、チェックインの時間になりましたので

パレデシンホテルへMRTで戻ります

 

次回はお部屋の様子を紹介します

(そろそろ一日目終わらせたい)

 

スポンサーリンク