ちょっとだけ贅沢な旅

格安旅行よりも少しだけ贅沢をする旅サイトです。ラスベガスが大好きです。

choyobi

id:chiyobi
格安旅行よりも少しだけ贅沢をする旅サイトです。ラスベガスが大好きです。

グランドキャニオンの高級ホテル エルトバーホテル宿泊記 2019.9ラスベガス・グランドサークルの旅⑨【旅行記】

アッパーアンテロープキャニオンで砂まみれになったあと、

我々は今日の宿がある「グランドキャニオン」に向かいます

 

グランドキャニオンの「エルトバーホテル」は、

偉人も泊まるという、歴史ある高級なホテルです

 

www.love-vegas.net

 

 

アンテロープからグランドキャニオンまでの道のり

f:id:chiyobi:20191001193729j:plain

約2時間30分のドライブです

f:id:chiyobi:20191001193925j:plain

このような平坦な道が続きます

f:id:chiyobi:20191001193947j:plain

途中パラパラと雨が降りましたが、すぐやみました

f:id:chiyobi:20191001194038j:plain

サンセットの時間も迫っていますが、

景色がよさそうな場所があったので寄り道

f:id:chiyobi:20191001194636j:plain

おそらくここです

f:id:chiyobi:20191001194118j:plain

ずーっと広がる草原と、深く割れた地面

自然の壮大さを体感できました

f:id:chiyobi:20191001194244j:plain

タケさん渾身の一枚

ほとんど観光客もいなくて、とても良かったです

この寄り道が、自分たちで行く醍醐味ですね

 

グランドキャニオン国立公園到着

公園の入口

f:id:chiyobi:20191001194844j:plain

寄り道しながらも到着です

ここからは制限速度も遅くなり、ガンガン飛ばすことはできないです

 

f:id:chiyobi:20191001194935j:plain

しばらく行くと、料金所があります

普通の乗用車であれば、7日間35ドルです

 

レシートのようなものをもらって、

車のフロントガラスに見えるように貼るよう言われます

セロハンテープのようなものを、切ってもらえます

 

f:id:chiyobi:20191001195730j:plain

結構並んでます

入口からエルトバーホテルまでも遠い!

このルートでくると、料金所は「イーストエントランス」になります

地図で見ると・・・

f:id:chiyobi:20191001195838j:plain

一番右が料金所です

なんと公園に入ってから40分近く運転します

恐るべし、アメリカの国立公園です

 

エルトバーホテル

駐車場に要注意!

f:id:chiyobi:20191001200058j:plain

翌日撮ったので明るいです

f:id:chiyobi:20191001200121j:plain

ディズニーランドのような素敵なホテルです

ロッジな雰囲気がかわいくてテンションが上がります

 

ただ、遅く到着すると駐車場が空いていません!

f:id:chiyobi:20191001200235j:plain

ホテルの真向かいに駐車場があります

宿泊客だけでなく、観光客も停めているのか、

とにかく駐車場の空きがないです

しばらくグルグル回っても、空く気配が一向になし

 

一旦ホテル前に路駐して、フロントに聞くと

小さな地図(かなり簡易)を見せてくれて、

周辺で空いている駐車場に停めるよう言われました

f:id:chiyobi:20191001200847j:plain

ロビーも素敵

 

一度その場から離れ、空いているところを探すと、

ホテルの裏付近にようやく一台空いていました

探すのに20分はかかりました

f:id:chiyobi:20191001200541j:plain

ホテルの裏側

予想外の苦労に、駐車場について思わず長々と書いてしまいました

 

お部屋紹介

我々が予約した、半年以上前から部屋は埋まり始めていました

キャニオンビューは既に予約できませんでした

f:id:chiyobi:20191001200758j:plain

見にくいですが、赤いシールが貼ってある部屋です

 

目の前の階段は従業員用でしたが、

便利なのでこっそり使ってました

フロアは、ロビーの1階下です

 

f:id:chiyobi:20191001201002j:plain

高級ホテルと言っても、老舗ホテルと言った感じで

設備が最新というわけではないです

ただ、清潔感のあるお部屋です

f:id:chiyobi:20191001201048j:plain

ベッドの横には一人がけのソファとデスク

f:id:chiyobi:20191001201121j:plain

そのコーヒーメーカーはモニュメントバレーと一緒でした

 

www.love-vegas.net

 

f:id:chiyobi:20191001201207j:plain

ベッドの向かいはお風呂とクローゼット

f:id:chiyobi:20191001201241j:plain

噂には聞いていましたが、

備え付けのタオルはかなり使い古しのタオルです

この写真の色味が物語っています

気になる方は、持参することをおススメします

 

朝晩の気温

グランドキャニオンは、日中日差したっぷりで暑くても

朝と夜は冷え込みます

暗くなったらグッと寒くなったので、

寝るときに暖かくできるような上着などがあるといいです

 

グランドキャニオンの景色

部屋からは何も景色が見えませんので、

景色を見るときは、外に出ます

f:id:chiyobi:20191001201629j:plain

夕焼け

我々が到着した日は、雲が多くて

なかなかきれいな夕焼けは撮れませんでした

でも、2回目のグランドキャニオン、壮大さは変わらないです

f:id:chiyobi:20191001201811j:plain

次の日は快晴でした

朝焼けはマーサポイントがおすすめ

f:id:chiyobi:20191001202001j:plain

朝日を見るのであれば、

日の出の時間の1時間前には出発してスタンバイした方が良いです

 

そして、mother pointと書いてマーサポイントと読むと

一昨年ガイドさんに教えてもらった

朝焼けベストポジションに行ってみました

f:id:chiyobi:20191001202539j:plain

よく見ると・・・

上の画像、真ん中に鹿がいます

うす暗いうちは、鹿がいたる所にいました

明るくなると、どこか行ってしまうようです

f:id:chiyobi:20191001202824j:plain

有名ポジションなだけあって、

沢山の人が朝焼けを待っています

 

f:id:chiyobi:20191001202903j:plain

朝はとにかく寒いので、

このようなウィンドブレーカーがあると便利です

 

f:id:chiyobi:20191001202956j:plain

太陽に照らされたグランドキャニオンを見ることが出来ました

f:id:chiyobi:20191001203020j:plain

朝しか見ることが出来ない、幻想的な景色

f:id:chiyobi:20191001203053j:plain

国立公園内に宿泊していてよかったと思いました

しかも、そのなかでも高級ホテルである

エルトバーホテルに宿泊できて、

もうグランドキャニオンに後悔はありません

 

ちなみに宿泊料金ですが・・・

宿泊費は263ドルでした

1泊約30,000円は高いなぁと思いますが、

 

私は一昨年ツアーガイドさんから

「あそこに見えるホテルが、最高級ホテルです」と

案内されて、絶対泊まりたかった場所なので、

本当に満足しました

 

次回はエルトバーホテルのディナーとモーニング

グランドキャニオンのお土産事情について

記事を書きたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク